永和国土環境株式会社|アクアメイクシステム

循環再利用で水洗化を実現したバイオトイレ・汚水を出さない特殊技術による自己完結型トイレ・循環型トイレ・アクアメイクシステム

English Chinese
Link 会社案内 求人情報 お問い合わせ サイトマップ
トップページ アクアメイク 防災・環境拠点整備システム アクアメイク産業用 アクアメイク浄化型雨水タンク 風力発電装置 コ・ジ ェネレーション 臭気処理システム
INDEX国土交通省の新技術活用促進システムプレゼンテーションビデオ施工方法システム概要システム設置例納入実績技術資料
アクアメイク
アクアメイクシステムは、一般家庭からリゾートホテルのような大規模なものまで雑排水を含めた生活排水を高度に処理し、中水道として循環再利用することを可能にしました。 生物処理によるバイオトイレとしての数多くの納入実績、環境に優しいエコトイレというだけでなく、災害時にも対応できる防災トイレとしての仕様。
過去14年間の歴史と実績で自信を持ってご提案いたします。 (官公庁・公衆トイレ実績500箇所以上)

特に、「公衆トイレ」として、水道の無い地域、放流が難しい地域へ提供します。
アクアメイク
国土交通省の「新技術活用促進システム」の製品評価において「一般工事で活用普及を図る技術」として登録されています。
プレゼンテーションビデオをご覧になられる方はこちらです。
※Windows版(ブロードバンド対応の方にお勧めです)

■アクアメイクシステム

国土交通省の新技術活用促進システム
プレゼンテーションビデオ
施工方法
システム概要
TYPE−T
TYPE−S 無放流型

・汚水の浄化に最適のカキ殻
・寒冷地でも安定した浄化能力
・処理水BOD濃度5PPM以下
・無色・無臭大腸菌群数0
システム設置例
病院・老人ホーム・大水量タイプ
家庭用タイプ
山岳トイレタイプ
公園タイプ
ユニットトイレ
主要納入実績
Q&A
水質データ
製品価格表
技術資料
再利用水の安全性と衛生面について(処理水再利用が生物処理に与える影響)
研究論文(天然濾材としてカキ殻を用いた接触酸化法による汚水浄化に関する研究)
浄化槽の設計・施工上の運用指針(国土交通省住宅局建築指導課監修)
排水再利用・雨水利用システム設計基準・同解説(国土交通大臣官房官庁営繕部監修)
建築用途別計画負荷量(日本建築センター屎尿浄化槽の構造基準・同解説より抜粋)


上へ